便利なレンタルサービスのメリットとデメリット

>

レンタルサービスをする際の注意点

レンタル契約の期間

レンタル契約の場合、Wi-Fi機器を受け取った日が利用開始日になり、ポストへ投函した日が返却日となる契約が多いようです。

レンタルであれば、手数料や購入代金などが必要ない分、契約プランを間違えしまうとかえって高くついてしまう場合も考えられますので、このレンタルの契約をどれくらい使用する予定なのかと考えて、計算してから契約するようにしましょう。
最近では、長期的な利用に適したようなプランも増えてきていますので、きちんと比較して選ぶようにするとよいでしょう。

そこまで悪質な通信業者は日本国内ではあまり見受けられませんが、表面的な金額などに惑わされて悪質な業者に引っかかることのないようにしましょう。
悪質な業者に引っかかってしまうと、後々思いもよらない金額が請求されてしまう事も考えられますので、適正な業者を選ぶことが大前提と言えますね。

通信速度や容量は様々

各業者によって、プランによっても通信速度や容量は多種多様になりました。

どれくらいの容量が必要か、自分で把握していないと容量が足りなかったり、逆に大容量のプランを選んでしまって高くついてしまう事も考えられます。
どれくらいの容量が必要なのか、ある程度把握しておく必要があるかもしれませんね。

この容量ですが、最近無制限と記載している業者もありますが、実際には制限がないだけで、ある一定の容量を超えてしまうと通信速度に制限がかかるようになっていたりします。
このようにメインの宣伝文句だけで選ばずに、細かい注意点にも気を配りましょう。

前述した通信速度ですが、レンタルする機種によって速度は異なります。
ただ、ほとんどの機種が同様の回線を受信し通信を行うのそれほど気にする必要はないようですが、速度に関してはモバイルWi-Fiの特性上、不安定になることがあるのでその点を踏まえて選ぶことが大切だと言えるでしょう。


シェアする