便利なレンタルサービスのメリットとデメリット

>

借りるというデメリット

持ち歩く際の不便

この持ち運べるWi-Fi機器というのがメリットでもあり、その分手間がかかるというのがモバイルルーターです。

最近では無料Wi-Fiのあるカフェなども沢山出てきているので、絶対ではないのですが、いつでもインターネットに接続できるようにするには、Wi-Fiルーターが必要という事になります。

そして、Wi-Fiルーターも電源のオンとオフがあり、スマートフォン同様立ち上がるまで待つ必要があります。
1分1秒を争うような状況はあまりないとは思いますが、立ち上がる速度がWi-Fiルーターによって差があるようですので、選ぶ際のポイントになるかもしれませんね。

また、こちらもスマートフォン同様なのですが、このモバイルWi-Fiも充電をして使用することになります。
万が一充電をし忘れてしまったり、途中で充電がなくなってしまった場合、は通信も利用できない上に持ち物がただ増えるだけになってしまうので注意しましょう。

対応エリアや通信速度

いまや沢山の業者がモバイルWi-Fiルーターを提供するようになりました。
主要都市であれば、ほとんどの地域が提供エリア内に入っていると言えそうですが、地方にお住まいの方は、きちんと提供エリアを確認してから選ぶ必要があります。

また、使用する環境や状況によっては通信速度が不安定になったりつながらないという状況になる場合も考えられるのが、モバイルWi-Fiのデメリットでもあります。

仕事などで、確実にこの場所で使用する必要があるという方は、その場所で使用できるかどうかチェックしておく必要があるかもしれません。

このように有線LANでの接続と比べると不安定要素の高いモバイルWi-Fiではありますが、利便性はかなり高いと言えます。


シェアする